画力や才能なしでもプロのイラストレーターになれるってホント!?現役イラストレーターが真実を教えます。

「プロのイラストレーターになりたいけど、きっと難しいんだろうなあ・・・」
「なるためには特別な才能やたくさんの練習が必要なはず・・・!」
そんなふうに思っていませんか?

こんにちは。イラストレーターのバニえもんです。

じつは、イラストレーターになることってそんなに難しいものではないのです。画力も、才能も、莫大な量の練習も本当は必須ではありません。実際に現役のプロのイラストレーターとして絵を描いて生計を立てている僕がいうのですから、間違いありません!

今回は、その理由と根拠をあきらかにするとともに、後半ではイラストレーター活動を誰でもスムーズにはじめられるように、初心者が最短でイラストの仕事をゲットするための具体的な手順をご紹介していきますよ!

画力や才能は必須ではない。もっと大事なのは〇〇!

あなたもきっと、イラストレーターになるために一番必要なものは「画力」や「才能」だと思っているのではないでしょうか。野球選手だってプロになるためには野球の腕前が必要ですもんね。ずば抜けた実力や才能がないと球団に入れてもらうことはできません。
だから、プロのイラストレーターも、イラストの実力や才能がないとなることができない!そう考えるのもうなずけることです。

でも、その考えは間違いです。

つまり、画力や才能がなくとも、イラスト制作の腕前が十分でなくとも、イラストレーターにはなれるし、イラスト制作で生計を立てることも不可能ではないということです。
なぜかというと、そもそもイラスト制作は、野球プレーヤーとはまったく違うお仕事だからです。

野球プレーヤーやその他の多くのお仕事は、一定の水準以上の能力がなければ働かせてもらうことはできません。球団であれば選手は強ければ強いほどよいですし、会社であれば仕事が早いほど、正確なほど高評価になります。逆にいうと、一定の水準を下回る人材を採用してしまうと、チーム全体の足をひっぱってしまったり、会社の損害になってしまう可能性もあるのです。だから、多くの仕事では一定水準を上回る能力が必要とされます。

一方でイラストレーターでは、もちろん画力や才能が全く不必要とはいいませんが、必ずしも必要ではないと僕は思っています。なぜかというと、イラストの価値は以下のような性質があるからです。

  • 絵の判断基準は人によって異なる。
  • 絵の評価は、絵が精密に描かれているかどうかより、そのイラストが好きかどうかで決まる。

つまり、イラストの需要は多種多様で、下手なら下手なりに、そのイラストを好きになってくれる人が必ずいるということです。むしろ、下手っぽい画風を売りにしている「ヘタウマ」というジャンルすらあるのです。たとえばLINEスタンプなどではよく見かけるのですが、ノートのラクガキのようにラフに描かれたイラストを見かけることがありますよね。こういったイラストにも需要があって、ちゃんと売れているのです。

だから、「イラストで生計を立てる」イコール「画力や才能が必要」とはならないわけです。「自分にはもともと才能がないから・・・」とあきらめる必要はありません!

むしろイラストレーターに必要とされるのは、画力や才能ではなく、べつの能力だと僕は考えています。その能力とは、責任をもって仕事を最後までやりとげる管理能力や、画風そのものを好きになってもらう人間力です。これらの能力は、才能や絵を描く練習によってではなく、むしろイラストレーター活動の中でお客さんとふれ合うことによって強化されていく力なのです。

絵の練習は必要ないってホント?

ここまで読んでいただいて、画力や才能が必須ではないことをわかっていただけたでしょうか。そして、もしかすると「画力が不要ということは、絵を練習する必要もない?」と思われているのではないでしょうか?

僕の考えでは、半分アタリで半分ハズレです。

もっと具体的にいうと、「イラストレーターになるまでに絵を練習する必要はないが、イラストレーターになったあとに絵を練習する必要がある」と考えています。
くわしく説明しますね。

最初にお話ししたように、イラストを描いてお金をもらうことは、画力や才能がなくても始めることができます。だから、イラストレーター活動を始めるまでは、とくに練習をする必要はありません。ですが、イラストレーターになったあとは別です。
ほかの職業でも同じなのですが、仕事を始めたからといって、現状の仕事を淡々と進めているだけでは、ずっと進歩もなく現状のままにとどまることになってしまいます。お客さんによりよいサービスを提供するために、また仕事の価値を高めるために努力をし続けなければなりません。

イラストレーターでいえば、お客さんに、よりすばらしいイラストを提供して、イラストの単価を上げる努力をしなければならないということです。だから、イラストレーターになった後には絵の練習をしたり、勉強をしたりしなければならないのです。

インターネット広告なんかで「イラストレーター養成講座」みたいなものをよく見かけますよね?これらはイラストレーターを目指す人向けに提供されているものですが、僕にいわせれば、売る相手がちがいます。むしろこういったものを必要としているのは、イラストレーターになったあとに、もっと自分の仕事のクオリティを上げたい人なのですから。

ここまで読んでいただいて、「自分もイラストレーターになれるかもしれないな・・・」と思ってもらえましたか?
じゃあ次は、イラストレーターになる手順を具体的に考えてみましょう!

ロケットスタートで始める!絵描き稼業

イラストレーターになるために、まず何をするべきでしょうか?
答えはズバリ、イラストレーターになること!
・・・冗談ではなく、マジメに言っているつもりです。

わかりやすくいえば、「お金の対価として絵を描く」という活動をすることです。小さな仕事でも良いので、とにかく絵を描いてお金をもらうことが先決なのです。それさえできれば、あとはイラストが使われるたびに勝手に知名度がどんどん上がっていきます。
知名度が上がれば、自分で仕事を取ってこなくてもお客さんの方からどんどん注文をくれるようになります。その結果、イラストレーターの活動も安定し、本格化してくるという流れです。

イラストレーターをすぐに始めることにはもう一つメリットがあります。それは、イラストを制作するノウハウやテクニックが身についてくることです。
仕事をこなしているうちにイラストのクオリティが自然と上がってきます。それが新しいお客さんの目にとまって、さらに仕事が入ってくるという好循環が形づくられるのです。

だからイラストレーターになるためには、なによりも先に好循環の火種となる仕事を始める必要があります。画力や才能がなくても絵を描く仕事に問題がないことは、最初のほうで説明しましたよね?絵を描く仕事を始めること自体は、誰にでもできることですし、実は一番重要なステップなのです。
逆に、絵がすごく上手いのにもかかわらずイラストレーターになれない人がたくさんいるのは、イラストレーターの仕事をすぐに始めないという、ただ一つの原因からくるものだと僕は考えています。

さて、イラストレーターをすぐに始めるにあたり、大切なことがあります。最初の仕事に「理想」や「完璧さ」を求めすぎないことです。大御所のイラストレーターの先生のように、「小説の表紙をウン万円で受注制作する」みたいなイメージをもっていると、いつまでたっても仕事を始めることができません。最初は、小さな仕事でもよいので、確実に始めるようにしましょう。例えば、「Twitter用のアイコンを500円で制作する」というようなものです。
安すぎると思うかもしれませんが、あなたのイラストの需要が増えるにしたがって価格は自然と上がっていきますので大丈夫です。

では、その最初の仕事をどうやってとってくればいいのでしょうか?
心配はいりません。いい方法をお教えしますよ。

知っていますか?初心者でも最短で仕事をゲットするシンプルな方法

イラスト制作のお仕事をとってくるのにいちばん有利で、効率的で、てっとり早い場所はどこでしょうか?
答えは、「イラストを描いてほしい人がたくさん集まっているところ」で依頼を募集することです。

単刀直入にいうと、近年「スキルマーケット」というサイトがたくさん出現しています。
これは簡単にいえば、インターネット上で「仕事を頼みたい人」と「仕事を頼まれたい人」を結びつけるサイトです。仕事を頼みたい人から見れば、派遣会社などに頼むよりもコストをおさえることができるのですし、仕事を頼まれたい人から見ればたくさんの人が集まっている場所で店をひろげられるので、てっとり早く仕事を手にすることができます。
その便利さから近年はフリーランサーだけにとどまらず、主婦や副業をしたいサラリーマンなどからも熱い視線があつまっています。

そしてイラストレーターという仕事は、このスキルマーケットをつかう働き方と非常に相性がよいです。なぜなら、イラストレーターには次のような特性があるからです。

  • じぶんの作品を展示することで、お客さんに商品をアピールしやすい。
  • 画風はじぶん独自のものなので、ほかの人と差別化しやすい。
  • コンサルや文章作成などの仕事にくらべて、ややこしい取引になりにくい。
  • 完成した作品の電子データを送るだけで仕事が完了する。

だから、イラストレーターを始めるのなら、なおさらスキルマーケットがうってつけなのです。

さて、日本版のスキルマーケットサイトはいくつか存在します。有名なところでいうと、あなたも次のような名前に聞き覚えがあるのではないでしょうか。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ

これらのサイトではどれでも、気軽に仕事の依頼を受けることができます。しかも、最初から仕事を頼みたい人がたくさん集まっているので、はじめて仕事をする人でも簡単に仕事をとってくることができます。
ですが、僕が一番おすすめしたいサイトは断然ココナラです!

スキルマーケット「ココナラ」 ※外部URLに移動します

なぜココナラをオススメするかというと、ほかのスキルマーケットとくらべて有利な特長があるためです。重要な特長を2つ紹介します。

①サービス出品者が有利

大抵のスキルマーケットサイトは、「仕事をしてほしい人」が仕事内容を掲示して、「仕事をしたい人」を募集するのが一般的です。
しかしココナラは、「仕事をしたい人」が、自分ができる仕事や提供するサービスを掲示しておいて、「仕事をしてほしい人」に購入してもらうしくみになっています。
一見するとどちらでも同じような気がしますが、じつはこれが大きな違いなのです。

「仕事をしてほしい人」が仕事内容を掲示する方法だと、一つの仕事に対してたくさんの「仕事をしたい人」が殺到することになります。
そのため、「仕事をしてほしい人」から見れば、「たくさん人がいるのだから、多少報酬を減らしても仕事をしてくれる人はいるだろう」という考えになります。
その結果、仕事の報酬が少なくなる傾向にあります。

一方で「仕事をしたい人」がサービスを掲示するココナラでは、出品しているサービスに対してお客さんが集まってくるしくみになっています。
そのため、「仕事をしたい人」が自分の納得できる価格をつけやすいですし、実績に応じて価格を上げやすいのです

②初心者にやさしい

ココナラでは、仕事を完了したあとにサービス購入者から評価を受けることができます。
Amazonの商品評価の星を思い出していただくとわかりやすいのですが、まさにあの星と同じように、購入者の方がサービス出品者を星の数で評価してくれるのです。この評価の星は、あなたの出品サービスページやプロフィールなどに掲載されて、ほかの人からも見える形で蓄積されていきます。

このシステムのよいところは、知名度の低い初心者イラストレーターでも購入者からの信用を得やすいところです。
ふつう、あまり名の知られていないイラストレーターは信用が低いものです。購入者からみると、仕事をちゃんと完了してくれるかどうかがわからないので、敬遠されがちです。
ですが、上で紹介したような評価でポジティブな情報が掲載されていれば、購入者としても安心してサービスを購入しやすくなります。

以上のように、初心者のイラストレーターにとって有利な特徴があるので、僕は断然ココナラをオススメしています。もしスキルマーケット選びで迷っているのでしたら、ココナラで仕事を始めてみてください。
ただ、もちろんほかのスキルマーケットの方が合う人もいるかもしれません。一度ココナラでやってみて肌に合わないのでしたら、ほかのサイトを試してみるとよいと思います。

ここまでで、画力や才能がなくてもイラストレーターになれることや、実際に仕事を始める方法をご紹介してきました。
・・・えっ?

もっと早く絵で食えるようになりたい?
いちいち集客しなくても全自動で大量に仕事をもらえるようにしたい??

そんなに都合のいいことなんて・・・といいたいところですが、もちろん僕はその方法を知っています。
次の段落でご説明していきましょう

もっと知りたいあなたへ・・・最高の攻略法!

ほかのイラストレーターさんがどのような経緯でイラストレーターになったかはあまり詳しくないのですが、僕がイラストレーターになった経緯は少しリスキーなものでした。それまで働いていた会社をやめてフリーになったあとに、「僕に売れるものはイラストしかない!」と思ってイラストレーターになることを決意したのです。
会社からの安定した収入はもうありませんから、すぐにでも自分で仕事を見つけてきて仕事をし、じぶんで生活費を稼がなければなりません。ですから、生活を安定させるには、とにかくたくさんの仕事を、できるだけ高い単価でこなす必要がありました。

そうなってくると、ここまででお話ししたような低い単価の仕事をひとつひとつ拾っていくやり方では間に合いません。
念のためいっておきますが、ここまででお話ししたノウハウが役に立たないというわけではないですよ。早急に生活費を稼がなければならない当時の私の状況では、スピードがたりなかったというだけなのです。

だから僕は、日々考える時間を設けて必死でプランを立て、試行錯誤をくりかえしました。最初のうちは立てたプランがまったく役に立たず、たくさんの時間を無駄にしてしまいました。しかし、何度も試行錯誤をくりかえしていく中で、ちいさな発見があったり、効果があったりしたプランも出てきました。そして最終的には、集客を完全に自動化して、たくさんのお客さんから受注を受ける(つまり需要を増やす)ことでイラスト制作の単価を上げる方法を編み出すことができました。

じぶんの時間を削っていちいちお客さんを集める作業をしていたのでは、肝心のイラストを作成する時間がなくなってしまいます。だから、インターネットを利用したオリジナルの完全自動集客装置を作ってお客さんを自動的に、大量に集める方法を編み出しました。

また、少額の依頼をたくさんこなしているだけではいつまでたっても食っていけるようになりませんし、第一仕事にいそがしくなってしまい自分の時間を確保できなくなってしまいます。だから、市場原理に根ざしたイラスト制作による収益を最大化する方法も新しく考え出し、自分のサービスに応用しました。

これらのシステムは一度作ってしまえばあとから手をくわえる必要がまったくなく、半永久的にイラストの仕事を呼びよせつづけます。さらにもっと優れている点は、ノウハウをまったく持っていない人にでもできる、再現可能な方法であるというところです。

これらの方法を編み出した結果、僕はイラストレーターをこころざしてから1か月で、「イラストを描いて飯を食える」プロのイラストレーターになることができました。

その方法をあなたにもお教えしたいと思います。

上の本は、僕がAmazonで出版している書籍、「画力も、絵の練習もいらない!1か月でプロイラストレーターになる方法」です。

僕がイラストレーターになるまでに実践した方法と、イラストレーターになった後に、集客と収入を安定させるために実践した方法のすべてを掲載しています。
それらの方法はすべて、だれにでも再現可能な方法で説明しています。また、この先何年たっても半永久的に機能しつづけるであろう、普遍的な方法です。

ちょっとだけ中身をご紹介すると、次のような話題について書いてあります。

  • 初心者が最短で制作依頼をもらうには?
  • 絵で食っていくのってやっぱり大変?プロイラストレーターの実情
  • できるだけイラストを高く売るにはどうすればいい?
  • あの神絵師に絵の仕事で勝てる方法があるの!?
  • いちばん効率よくイラストレーターとしての知名度を上げるには?
  • 仕事がとれなくなったらどうする?ピンチを脱出する方法

どうですか?もしあなたがイラストレーターを志しているのなら、知りたい内容ばかりだったのではないでしょうか?
それもそのはずで、この本は、「僕が新米イラストレーターのときに読みたかった」をコンセプトに書いています。

僕がイラストレーターになると決めたとき、僕の頭のなかは不安や疑問だらけでした。しかし、まわりにそれを解決できるようなアドバイスしてくれる人がだれもいませんでした。本屋さんや図書館をまわってみたりもしました。「イラストの描き方」の本はたくさん見つかったのですが、「イラストレーターとしてデビューし、生計を立てるための知恵」の本はぜんぜん見あたらなかったのです。

だから、僕はほとんど独力でイラストレーターになる道を歩まなければなりませんでした。そしていろいろなトラブルや困難を乗りこえながら、自力で必要な知識を身につけてきたのです。
もしタイムマシンがあったら過去にもどって、あのときの自分にいろいろと教えてあげたいのに・・・。そんな気持ちが形になって、新人イラストレーターさん向けの本になったのがこの本です。

だから、イラストレーターの卵であるあなたが知りたい情報は全て書かれています。だって、この本に書いてあるのは、イラストレーターの卵だった時の僕が知りたかったことなのですから。
イラストレーターを志しているのでしたら、その旅のガイドブックとして、ぜひ読んでみてください。

まとめ

今回お話ししたことをまとめます。

イラストレーターになるには、画力や才能は必須ではありません。
イラストレーターになりたいのなら、絵の練習をするよりも、いきなりイラストレーターの仕事を始めましょう。
そして、すぐに仕事が欲しいなら、ココナラをはじめとするスキルマーケットサイトを利用しましょう。

あなたがイラストレーターとしての生活をスムーズにスタートできるよう、お祈りしています。

タイトルとURLをコピーしました